韓国のテレビ局はどんなスタイルで経営しているのか

韓国を代表する地上波のテレビ局といえば、KBSとMBCとSBSの3つ。経営スタイルはそれぞれ違う。KBSは公共放送、MBCは政府が出資して民間で運営する半官半民、SBSは完全な民間放送となっている。

韓国テレビ界の歴史

韓国のテレビ局の歴史的な経緯を見てみよう。
日本では1953年にテレビ放送が開始されたが、韓国は8年遅れて始まった。当時は国営だったKBSが1961年にテレビ放送を始めている。そのKBSは、1973年に特殊法人によって公社化された。
MBCがテレビ放送を開始したのは1969年だった。当時は純然たる民間放送局だった。それがなぜ政府の干渉を受けたのか。
実は、当時は他にも東洋放送(TBC)という民間放送局があった。1970年代はKBS、MBC、TBCが3大放送局だったのだ。
その頃、放送局の有能な社員の仕事の1つが、釜山(プサン)の旅館にこもることであった。それは、地理的に近い九州のテレビ放送を受信するためだった。
そのときに見た番組は少しだけ企画を変えて、韓国の放送局で有力なコンテンツに早変わりした。つまり、日本のテレビ番組を模倣することで、韓国はテレビ放送のノウハウを覚えていったのである。
(ページ2に続く)

ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る