朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?

世子(セジャ)といえば、次の国王が約束された身分だ。しかし、朝鮮王朝の歴史を見ると、世子でありながら国王になれなかった人がかなりいる。その中で、特に悲劇的だった5人を取り上げてみよう。





哀れな世子たち

最初は李芳碵(イ・バンソク)だ。
彼は朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ)の八男だった。
幼いときから聡明で、1392年にわずか10歳で世子に指名された。しかし、この決定には無理があった。野望を持つ兄があまりに多かったからだ。
1398年に「王子の乱」が起きて、李芳碵は異母兄の芳遠(バンウォン/後の3代王・太宗〔テジョン〕)に殺されてしまった。
次は、懿敬(ウィギョン)世子である。
7代王・世祖(セジョ)の長男で、世祖が甥の端宗(タンジョン)から王位を奪って即位したあとに17歳で世子となった。
学問を好み優秀な若者であったが、身体が弱く、19歳で早世した。
重病になったとき、21人の僧侶が必死に回復のための祈祷を行なったが、死を避けられなかった。




後に、懿敬世子の息子が即位して、9代王の成宗(ソンジョン)になっている。
3人目は昭顕(ソヒョン)世子だ。
16代王・仁祖(インジョ)の長男である。
1637年に人質として清に連行された。8年後、ようやく人質から解放されて帰国したが、外国にかぶれたことを理由に仁祖から疎(うと)まれ、わずか2か月後に急死してしまった。
葬儀も仁祖によって異様なほど冷遇された。後には、仁祖と側室による毒殺説も流布している。
彼が父の仁祖によって毒殺された可能性はかなり高い。
(ページ2に続く)

『七日の王妃』の端敬王后(タンギョンワンフ)はなぜ七日で廃妃になった?

首陽大君(スヤンデグン)が『不滅の恋人』のイ・ガンになっている!

安平大君(アンピョンデグン)が『不滅の恋人』のイ・フィになっている!

英祖(ヨンジョ)に米びつに閉じ込められた思悼世子(サドセジャ)はどうなった?

16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄を差し置いて王になれたのか



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る