首陽大君(スヤンデグン)が『不滅の恋人』のイ・ガンになっている!

『不滅の恋人』は韓国で放送時の原題が『大君~愛を描く』だった。この「大君」というのは、国王の正室が産んだ王子のことを意味している。そして、このドラマに登場する大君のイ・ガンとは、歴史上では首陽大君(スヤンデグン)のことだ。この人物は後に世祖(セジョ)として7代王になった。





決心した首陽大君

首陽大君は朝鮮王朝最高の名君と称賛される4代王・世宗(セジョン)の二男として、1417年に生まれた。
そんな首陽大君が35歳だった1552年のことだ。
世宗の長男であった5代王・文宗(ムンジョン)が世をさり、彼の長男である端宗が11歳で6代王となった。
この時点で野心をたぎらせたのが首陽大君だった。
彼は、幼い王の端宗を補佐する皇甫仁(ファンボ・イン)と金宗瑞(キム・ジョンソ)が、王の補佐を理由に政治権力を独占していることで王権が弱体化していると思い、敵意を抱いていた。
決起をしようと考えていた首陽大君は、自分の同志となる高官たちを自邸に集めて激しく議論を重ねた。




しかし、いざとなると優柔不断な者も多く、何かと理由をつけて逃げ腰になる者もいた。その雰囲気によって一度は首陽大君の決意が揺らだが、最終的に決心した彼は、2人の従者を連れて金宗瑞の屋敷に向かった。
(ページ2に続く)

安平大君(アンピョンデグン)が『不滅の恋人』のイ・フィになっている!

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄を差し置いて王になれたのか

16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

英祖(ヨンジョ)に米びつに閉じ込められた思悼世子(サドセジャ)はどうなった?




ページ:

1

2 3

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る