特別な才能を持った人/チャン・グンソク全集24

チャン・グンソクが主演した『テバク』は、最終回の視聴率が10.0%だった。ドラマの評価の仕方は様々にあるが、ビジネス上では最も重要とされる視聴率で、主役のチャン・グンソクは最後に2ケタの数字を獲得した。地上波だけでなくケーブルテレビも加わって視聴率競争が激しい中で、その数字は及第点と言ってもいい。





多才なスター

2016年7月下旬、チャン・グンソクは富川(プチョン)国際ファンタスティック映画祭に登場した。
俳優としてではなく、短編映画『偉大なる遺産』の監督として映画祭に招聘されたのだが、白いウェアで地味にまとめていても、その華やかさは隠しようがなかった。
「俳優ではなく、監督として映画祭に招待を受けた今日は、僕にとって忘れられない1日になるでしょう」
そう語っていたが、少しふっくらしたように見えたのは、『テバク』の撮影と7月のツアーを終えた安堵感からだったかもしれない。
演技はもちろん、ステージでのエンターティナーぶりも一流で、さらに短編映画の監督までこなしている。多才であることは、1人の人間を語るうえで申し分のないことだ。「天は二物を与えない」というのは、大方の人間には通用しても、特別な才能を持った人には例外となる。
ただし、俳優であれ監督であれ、ドラマや映画に関わる人は、2つの厳しい審判を受けることになる。




1つは視聴率や興行成績という数字であり、もう1つは視聴者や観客の評価である。この2つで満足する結果を同時に得ることはかなり難しい。
(ページ2に続く)

いよいよ『テバク』に主演!/チャン・グンソク全集13

短編『偉大なる遺産』を監督!/チャン・グンソク全集25

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

子役から大人の俳優へと成長!/チャン・グンソク全集2

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る