韓国の視聴者は『テバク』をどう評価したか/チャン・グンソク全集18

『テバク~運命の瞬間(とき)~』の放送中に、SBSの公式サイトには視聴者から様々な意見が寄せられた。俳優の演技に対してはおおむね好評で、特に男優陣を高く評価する意見が多い。主な意見を紹介しよう。

写真=韓国SBS『テバク』公式サイトより




すばらしい演技に鳥肌が立つ

視聴者から特に激賞されたのが粛宗(スクチョン)を演じたチェ・ミンスである。
「これまで見た粛宗の演技者はすべて震えるほど魅力的だったけど、『テバク』でチェ・ミンス氏を見て、まるで本当の粛宗だったかのようなカリスマ性を感じます。その目つきや語り口……どれだけすばらしいか。本当の王はこうあるべきだという感嘆の言葉が素直に出てきます」
「チェ・ミンス氏の演技がすばらしく鳥肌が立ちます。もっと多く出てきてください」
「家族そろって息をころして見ました。終わってから、みんな『面白かった』と言っています。凄いのはチェ・ミンス氏。今回の粛宗の役がチェ・ミンス氏の本来隠された姿ではないかと思います。チェ・ミンス氏を見て、制作される方々が本当にすごいと思いました。良かったです。面白かったです」
ここまで激賞されるのは稀なことだ。それほどチェ・ミンスの演技がすばらしく見えるのだろう。
一方、多様な意見が出るのは当然で、女優陣には辛口の意見もあった。




「こんなに熱心に見るドラマは久しぶりですね。ヒロインたちがちょっと物足りないので奮起してほしいですが……。それにしても、粛宗とテギルの対面シーンは本当に良かったです」
ヒロインたちは苦言を呈されたが、タムソを演じるイム・ジヨンにしても、序盤の緊張感がやわらいで、中盤から演技が良くなった。
(ページ2に続く)

いよいよ『テバク』に主演!/チャン・グンソク全集13

名優が火をつけた彼の俳優魂/チャン・グンソク全集19

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

子役から大人の俳優へと成長!/チャン・グンソク全集2

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る