名優が火をつけた彼の俳優魂/チャン・グンソク全集19

『テバク~運命の瞬間(とき)~』はベテランの男優陣が充実していた。チェ・ミンス、チョン・グァンリョル、アン・ギルガンなど……彼らに大いに刺激されてチャン・グンソクも俳優魂がみなぎっていた。

写真/韓国SBS『テバク』公式サイトより




贅沢な時代劇

ベテランの男優陣の中で圧倒的な存在感を見せていたのがチェ・ミンスだ。彼は19代王・粛宗(スクチョン)に扮していたが、声の抑揚といい表情の奥深さといい、『テバク』をピリリと引き締める役割を十分に果たしている。
これほどの俳優を重要な粛宗の役に起用できたことが、『テバク』にとって本当に大きかった。
そして、物語全体を支配している李麟佐(イ・インジャ)に扮しているのがチョン・グァンリョルである。
人間のペーソスを演じさせたら当代随一の俳優だが、今回は物語を自在に操る謎の怪人物になりきって、絶妙の間合いを持った演技を見せている。
さらに、チャン・グンソクが演じるテギルの師匠となるキム・チェゴンに扮しているのがアン・ギルガンだ。窮地のテギルを助けようとしたとき、敵に対して「いっぺんにかかってこい!」とタンカを切るところは迫力満点だった。
いかにも「テギルを鍛える師匠として本当にふさわしい」と思わせる底知れぬ強さを備えていた。




こうしたベテラン俳優たちの名演技をたっぷりと見られるという意味で、『テバク』はなんとも贅沢な時代劇になっていた。
もちろん、主人公のチャン・グンソクもいい。
演じているテギルが未熟な若者だったときは、本人も「こういう演じ方でいいのか」と戸惑っている部分もあったようだが、キム・チェゴンに弟子入りして修業に励むようになってから、チャン・グンソク自身にも迷いがなくなった。
(ページ2に続く)

いよいよ『テバク』に主演!/チャン・グンソク全集13

『テバク』の中盤から存在感が大きくなった/チャン・グンソク全集20

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

子役から大人の俳優へと成長!/チャン・グンソク全集2

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る