韓国ドラマでは夕食後の団らんにいつもみんな果物を食べている

ドラマによく出てくる夕食後の団らん……飲み物のお茶菓子としてかならず果物が出ています。日本だったらケーキかクッキーが多いのでは……。また、お酒のツマミとしても果物がよく出てきます。その理由は?

野菜消費量は日本の1・6倍

韓国の人は本当に野菜や果物が大好きです。
韓国料理というと焼肉のイメージが非常に強いのですが、実はその真髄は野菜にあります。韓国の普通の家庭で夕食に招待されると、食卓に並べられないくらいの料理が出ますが、多くは野菜料理です。
野菜の調理方法がこんなにあるのか、と感心するほどです。様々な野菜を蒸し、ゆがき、炒め、和えて美味しい料理に仕上げます。
韓国の農村経済研究院の調査によると、韓国人の年間1人あたりの野菜消費量は約200キロで世界で最も多いと言われています。




ちなみに、この量は日本の1・6倍くらいです。
この数字を見ても、韓国は焼肉より野菜料理の国であることがよくわかるでしょう。
(ページ2に続く)

ドラマでわかる韓国の習慣1「長幼の序」

ドラマでわかる韓国の習慣2「家族の絆」

キムチなくして韓国料理は語れない!

韓国で鍋物を食べる時はみんなで箸やスプーンをじかに入れる!

韓国料理の真髄は「肉」よりも「野菜」だ!




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る