韓国で鍋物を食べる時はみんなで箸やスプーンをじかに入れる!

日本では数人で食事をするときに自分用の取り皿を使うのが普通だが、韓国の食事スタイルでは取り皿を使わないことがよくある。それは、鍋物を食べるときも同じ。それでは、どうするのか?

鍋物に浮かんだ米粒とは?

韓国ドラマを注意深く見ていると、みんなで熱い鍋物を食べているとき、取り皿を使わず直接箸やスプーンを鍋の中に入れていたりする。
日本から見れば、「小皿に取って食べる習慣がないの?」と思ってしまうが、その通りなのである。
実際に鍋物を仲間と食べる時、自分の箸やスプーンを直接鍋の中に入れて口に運ぶのが一般的だ。
日本から見れば、「ちょっと不衛生では?」と思ってしまう。
しかし、韓国ではそれが当たり前なのだ。
その結果、どうなるか。




韓国ではご飯をスプーンで食べるが、スプーンにくっついた米粒が鍋物の中で分離して浮かんだりすることがよくある。
でも、みんな気にしない。
それが韓国スタイルなのだ。
(ページ2に続く)

ドラマでわかる韓国の習慣1「長幼の序」

ドラマでわかる韓国の習慣2「家族の絆」

ドラマでわかる韓国の習慣3「会食時の礼儀」

ドラマでわかる韓国の習慣4「飲食の作法」

ドラマでわかる韓国の習慣5「重宝される食べ物は?」



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る