韓国の結婚式はこうなっている/なるほど韓国2

こんなエピソードがある。スピード違反で検挙された人が、警察官から「今度結婚式を挙げるんだけど、出席してくれるなら大目に見てあげる」と言われたそうだ。見ず知らずの警察官がそんなことを言うとは?





必死に参列者を集める

信憑性はわからない。しかし、この話を聞いた韓国の人が思わず納得してしまうほど、韓国では「結婚式には大勢出席すればするほどいい」と考えられてきた。
さすがに、時代は変わってきたが、それでも「たくさんの人に結婚式に来てもらうほど、結婚する2人は幸せになれる」という風潮は変わらない。
たとえば、韓国の結婚式で招待状を送る際には、仮に500人から出席するという返事をもらっても、実際には700人くらいが来ると読んで準備をする。出席の返事をしていなくても急に来たり、招待していないのに来たりするからだ。
また、招待を受けた人が、「今度の日曜日に予定がないなら、一緒に結婚式へ行こうよ」と気軽に友人を誘って結婚式に出席することもある。
日本の場合、結婚式・披露宴ともにホテル内の会場で行われることがよくあるが、韓国ではキリスト教が浸透していることもあり、教会で式を挙げる人が多い。また、礼式場(イェシッチャン)と呼ばれる結婚式専用の会場も多く利用されている。




韓国で結婚式が終わると披露宴会場に移り食事をするが、韓国ではたいていビュッフェ形式の食事になる。
結婚式に来た人たちはご祝儀を渡すと、引きかえに食事券をもらい、それを披露宴会場の入口で渡す。
披露宴会場はたくさんの人に来てもらえるように、とてもオープンになっている。座って食事をする人もいれば、立っている人もいるのだが、時間が経つにつれて人の出入りが多くなり、誰でも会場に入れるようになる。
中には新郎新婦とはまったく関係のない通りすがりの人が、ご祝儀も払わず食事だけして帰る場合もある。それでも韓国の人たちに言わせると「来客が多いほうが幸せになれる」ということなのだ。
韓国の結婚式では来場者が300~500人が普通で、1000人近い場合もある。50人くらいの結婚式もある日本とは規模が異なっている。




他にも、韓国のご祝儀は意外にも相場が低かったり、服装もカジュアルなものでよかったり……など、日本とは結婚式に対する考え方や風習がずいぶん違うようだ。

文=康 熙奉〔カン ヒボン〕

韓国での刺し身の食べ方が面白い/なるほど韓国3

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

英祖(ヨンジョ)を演じた俳優の中で一番は『ヘチ』のチョン・イル!

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?

朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か




関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る