平昌五輪の広報大使として活躍/チャン・グンソク全集26

2018年2月に開催された平昌(ピョンチャン)オリンピックとパラリンピックで、チャン・グンソクは広報大使を務めた。大会を大いに盛り上げるために、様々な現場でピーアール活動に熱心に取り組んだのだ。

チャン・グンソクのインタビュー記事を掲載した「日刊スポーツ」(2018年2月6日付け)

父方の故郷

平昌オリンピックとパラリンピックが開催されたのは、韓国東北部の江原道(カンウォンド)である。
江原道と言えば、韓国では山岳地帯としてよく知られているが、ここはチャン・グンソクの父方の故郷でもある。ソウル生まれのチャン・グンソクではあるが、父方の故郷ということで、思い入れは特別に強い。
そこで開催されるオリンピックとパラリンピックだけに、チャン・グンソクが特に力を入れるのもよくわかる。
実際、彼は小さいころから江原道でスキーやスノーボードをしていたという。2018年2月6日付けの「日刊スポーツ」は、チャン・グンソクのインタビュー記事を掲載しているが、その中で彼は江原道についてこう語っている。




「冬のリゾート地として有名です。パウダースノーが特徴でスキー場がたくさんある」
そういう場所が父の故郷だけに、チャン・グンソクも小学校2年生からスキーとスノーボードを始めた。また、今でも休みのときはスキーを大いに楽しんでいるそうだ。
(ページ2に続く)

平昌パラリンピックでファンを招待/チャン・グンソク全集27

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る