短編『偉大なる遺産』を監督!/チャン・グンソク全集25

国際短編映画祭ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017のオフィシャルコンペティションで、チャン・グンソクが監督を務めたショートフィルム『偉大なる遺産』が、観客の投票で決定されるアジア・インターナショナル部門のオーディエンスアワード(観客賞)を受賞した。





人間の怖さと薄情さ

チャン・グンソクが監督を務めた『偉大なる遺産』は、「借金を背負った男を救うはずの父は、預金通帳の暗証番号を伝える前に昏睡状態になってしまう。息子は病床の父に何度も呼びかけるが、父の意識はない。途方に暮れる男は、暗証番号を知る手だてを必死にさがすのだが……」といった内容だ。
設定が面白い。
どんな設定の映画を作るかが短編の一番のポイントになるが、チャン・グンソク監督は「預金通帳の暗証番号」というネタをメインに持ってきた。
憔悴しきった主人公の男。
途方に暮れているのは、父が昏睡状態だからなのか、あるいは、父の貯金を借金の返済にまわせないからなのか。
映画を見れば一目瞭然である。
そこに人間の怖さと薄情さが見え隠れしている。




それまでチャン・グンソクは、熱心に短編映画を作ってきた。その中で『偉大なる遺産』は、タイトルからして風刺が効いている。
(ページ2に続く)

平昌五輪の広報大使として活躍/チャン・グンソク全集26

いよいよ『テバク』に主演!/チャン・グンソク全集13

特別な才能を持った人/チャン・グンソク全集24

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

子役から大人の俳優へと成長!/チャン・グンソク全集2

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る