兵役に入った芸能人は部隊でどう過ごしているか

韓国では、兵役で入隊する芸能人のニュースが本当に多い。しかし、入隊こそ伝えられても、実際に兵役中にどんな生活をしているかがよくわからない。そこで、兵役で入隊した人たちの平均的な1日を追ってみよう。

写真=韓国陸軍公式サイトより




午前の軍務は?

兵役中の人たちの日常を見てみよう。
毎朝、起床する時間は6時である(冬になると6時半になることもある)。
起床すると、すぐに宿舎で自分の身の回りを整理し、全員が練兵場に集合して朝の点呼を受ける。いなくなった者や体調が極端に悪い者がいないかを点呼の段階で点検されるのである。
点呼が終われば全員で体操して、寝ぼけた身体を目覚めさせる。その後は朝食を食べて、朝の軍務の準備をする。
午前の軍務は8時から始まる(冬になると8時半になるときもある)。
そのときはいったい何をするのだろうか。
特技を持って軍務についている者は自分の特技を生かした作業を行ない、特に特技がない者は戦闘技能の向上をめざして訓練を受ける。
兵士は、常に軍事訓練をしているように思われるかもしれないが、実は訓練より作業のほうが多い。
作業にはどんなものがあるかというと、施設の修理や建設のための労働に従事したり、山へ行って木を切り倒したり……。
あるいは、訓練のための準備として様々な障害物の整備をする。当然ながらどの作業も肉体を酷使するので疲労が甚だしい。




軍事訓練の場合は、一般的に射撃訓練ばかりやっているように感じるかもしれないが、実際はそうではない。戦闘訓練には様々な種類があって、射撃訓練はその中のほんの一部なのである。
何と言っても、戦闘能力を高めるためには体力がなければならず、そのためにランニングを繰り返すのも軍事訓練であり、障害物を乗り越えるとか地に這いつくばって前進するといった動作を繰り返す。
(ページ2に続く)

イ・ミンホやチ・チャンウクに続いて今年除隊するスターは?

兵役で軍楽隊に入ればどう毎日を過ごすか

新兵訓練でみんなが嫌がる「恐怖の訓練」とは?

現役兵として兵役が終わっても残りの兵役が40歳まで続く

徴兵検査で補充役と判定されると社会服務要因になる

兵役が免除になる具体例を解説



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る