ドラマによく出てくる韓国の生活習慣1「礼儀作法」

儒教思想が今も色濃く残る韓国では、年上の人を尊重することは基本中の基本である。このように、年上の人を尊重するということは、とりもなおさず年上の人に対する礼儀作法をわきまえるということになる。

年上の人を尊重する

韓国では、年上の人に対する礼儀作法が、挨拶の仕方から言葉使い、食事のマナー、果ては電車やバスで席を譲ることに至るまで、日常生活の隅々に浸透している。
そのため、韓国では学校であれ職場であれ、互いに何年生まれかを尋ねることが多く、年齢により相手との距離を測る傾向がある。
しかし近年、特に若い世代の間で、儒教的な考え方が重要視されなくなってきているのも事実だ。
これはインターネットをはじめとした情報化社会の到来により、韓国にいながらにして異国の文化や価値観を容易に知ることができるようになったためかもしれない。
また、軍隊や大学では年齢より入隊年もしくは入学年で上下関係を決定する傾向もあり、日本の考え方に近づいて来ているとも言える。
両親に敬語を使うことなど、日本ではあまり見られないが、韓国では今でも日常的に行われている。
若い世代の中には母親に敬語を使わないという者もいるが、だいたいの人は両親に対して敬語を使っている。
これも年上の人に対する礼儀作法の一つであり、比較的年の近い学校や職場の先輩であっても敬語が使われる。




また、韓国では日本のように尊敬語・謙譲語・丁寧語と敬語の種類が分かれていないため、話し手の相手が話題の人物より上位者であっても、話題の人物を表現する際に敬語を使う。
たとえば、取引先の客から社長宛てに電話が掛かって来たときは、「金社長様は只今外出されております」と答える。そして、自分の両親を誰かに紹介するときにも、「私の御両親様は」となるのである。
(ページ2に続く)

ドラマによく出てくる韓国の生活習慣2「人間関係」

ドラマによく出てくる韓国の生活習慣3「食生活」

韓国の芸能界はこんなにも大変だ!

韓国ドラマの現在の制作環境はどのようになっているか

韓国ドラマにはなぜ印象的なセリフが多いのか

なぜ韓国の人たちはドラマがあんなに好きなのか




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る