『麗<レイ>』でイ・ジュンギが扮した光宗(クァンジョン)は誰なのか?

2人の光宗

結局、「過ぎたるは及ばざるがごとし」という格言の通りになった。
既得権を奪われた豪族たちが、時を同じくして反乱するようになった。
光宗は容赦しなかった。抵抗する豪族たちを次々に粛清した。
しかし、強権を発動し続けるにも限度があった。
いつしか、光宗を強く支えていた家臣の中でも、抵抗する者たちが現れた。
その中で、光宗の疑心暗鬼が深まり、彼は人間不信に陥った。
まさに、孤独な王の転落であった。
もはや、精神の均衡を保てなくなり、光宗は定宗の息子を手にかけ、自分の息子にも殺意を抱いた。結局、光宗が向かった道の先には、血があふれた政争が待っていた。
それは、本当に光宗がめざしたものなのか。
歴史は、2人の光宗を記録に残している。




政治を改革して高麗王朝を安定に導いた名君の光宗。
過剰な強権発動で反対する者たちを粛清した暴君の光宗。
果たして、どちらが本当の光宗だったのか。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

『無法弁護士』のイ・ジュンギは極限まで努力する俳優!

イ・ジュンギがファンに愛される理由がわかる3つのエピソード!

イ・ジュンギは『無法弁護士』の制作発表会で何を語ったか

『無法弁護士』でイ・ジュンギの魅力が全開!

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1




ページ:
1 2

3

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る