イ・ジュンギは『無法弁護士』の制作発表会で何を語ったか

ケーブルチャンネルのtvNで放送された『無法弁護士』に主演したイ・ジュンギ。2018年5月8日にソウル市内で制作発表会が行なわれたが、彼は意欲的にドラマについて語っていた。




研ぎ澄まされた表情

『無法弁護士』でイ・ジュンギが演じるのは暴力団出身の弁護士。異例のキャラクターだ。顧客の勝利のためなら拳を使ってでも精一杯やろうとする弁護士であり、法律家でありながら無法ぶりを発揮する男である。
それでも、絶対的な権力に立ち向かうときには、無法ではいけないという覚悟を強く持つ。そんなふうに成長していく姿がドラマの中で描かれる。
この制作発表会にイ・ジュンギが現れたときに、研ぎ澄まされた精悍な表情がとても印象的だった。このドラマのアクションに備えて、どれだけ体を鍛えてきたかが一目でわかる場面であった。
イ・ジュンギは、正直に言うと体力的な衰えも感じているという。それにもかかわらず、彼はアクションシーンにこだわっている。
イ・ジュンギがアクションシーンにこだわるのは、視聴者に最高の自分を見せたいという俳優魂の表れなのだ。
制作発表会でイ・ジュンギはこう語っている。
「今度のドラマはアクションシーンが全部ではないのですが、やはり自分なりのアクションをお見せしたいんです。自信もあります」
この言葉には、彼の強い決意が表れていた。




しかし、悩みもあった。自分自身がどれほど視聴者にアピールできるかについて不安が芽生えたのだ。
「視聴者のみなさんに、どれくらい魅力をアピールできるのだろうか。心配もありましたし、責任感も感じていたのです。そうしたストレスもありました」
そんな状態であっても、イ・ジュンギは果敢に動いた。
(ページ2に続く)

イ・ジュンギがファンに愛される理由がわかる3つのエピソード!

イ・ジュンギは『無法弁護士』の制作発表会で何を語ったか

『無法弁護士』でイ・ジュンギの魅力が全開!

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

存在感が抜群のイ・ジュンギ『無法弁護士』が面白い!



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る