『無法弁護士』でイ・ジュンギの魅力が全開!

『無法弁護士』でハードな演技を見せているイ・ジュンギ。アクションと精悍な表情がすばらしい。そのエネルギッシュな俳優活動には、ただ脱帽するしかない。彼はなぜ、そこまでできるのか。





全盛期は続く

韓国のケーブルチャンネル・tvNの『無法弁護士』。イ・ジュンギが演じるのは暴力団出身の弁護士だ。
顧客の勝利のためなら拳を使ってでも全力を尽くす弁護士であり、さらには、亡き母への復讐に執念を燃やす男だ。
演じるイ・ジュンギは30代後半を迎えている。体力が落ちても不思議はないのだが、劇中で見せる彼のアクションはキレが抜群で、表情もすこぶるシャープだ。
「ファンに最高の自分を見せたい!」
常にイ・ジュンギはそう心掛けているが、『無法弁護士』での彼は俳優としての全盛期を感じさせる。
もしかしたら、全盛期はずっと続くのではないか。
『無法弁護士』を見ていると、そんなふうにも思える。
なぜ彼はいつまでも全力疾走ができるのか。
イ・ジュンギはホームページを通して自分の意見を素直に表すタイプのスターだ。
彼がこのようなスタイルを取るのは、ファンとの距離を縮めるためである。
「僕を身近に感じてほしい」
それが、いつもイ・ジュンギがファンに向けて発しているメッセージだ。
彼は本当に裏表がないスターなのだ。
しかし、影響力が大きいだけに、ときに思わぬ波紋を呼ぶこともある。




たとえば、2008年に李明博(イ・ミョンバク)政権が発足したときに、失政続きの政権を批判する意見を述べたことがあった。
それは、本当に的を得た意見だった。しかし、それによってイ・ジュンギは政府に批判的な人間と受け取られてしまった。
もちろん、人気商売であることを考えれば、あまり政治的な発言をしないほうが波風が立たなくていいかもしれない。
しかし、イ・ジュンギはそう考えない。当時は李明博政権に失望した人たちが大々的に街頭でデモを行なっていた。それは「ろうそく」を掲げる静かなデモであったが、若い人たちが積極的に自らの意見をアピールする中で、イ・ジュンギも黙っていられなかったのだ。
(ページ2に続く)

イ・ジュンギがファンに愛される理由がわかる3つのエピソード!

イ・ジュンギは『無法弁護士』の制作発表会で何を語ったか

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

『無法弁護士』でイ・ジュンギの魅力が全開!

存在感が抜群のイ・ジュンギ『無法弁護士』が面白い!

再検証!イ・ジュンギが巻き込まれたブラックリスト問題




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る