イ・ジュンギがファンに愛される理由がわかる3つのエピソード!

イ・ジュンギを見ているとこう思う……彼は自分の存在が誰によって支えられているかを心の底から知っている俳優なのだ、と。彼に関わる様々なエピソードから特に3つを選んでみた。





自分の作品への責任感

最初は「ひたむき」なエピソードだ。
主演映画の『王の男』が記録的な大ヒットをしたとき、ドラマの撮影で忙しいにもかかわらず、イ・ジュンギは1日に5カ所の映画館を回りながら舞台挨拶をこなした。すでに公開して日も経ち、観る人はほとんど観たというのに、地方を往来しながら映画を広報したし、ファンとの交流にも喜んで参加した。
多くの俳優が映画の公開直前に、決められた大型映画館で1、2回の舞台挨拶をして済ませてしまうのと比べると、まるで違った。
イ・ジュンギのこのような姿勢からは、自分の作品についての強い愛情と責任感が感じられた。
次は「才能と努力」のエピソード。




イ・ジュンギはファンイベントでも、何カ月も前から計画を立て、専門家から歌とダンスのレッスンを受け、舞台もプロ・ミュージシャンのコンサート並みのものを用意する。すべてがファンに喜んでもらうためだ。
(ページ2に続く)

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

イ・ジュンギは『無法弁護士』の制作発表会で何を語ったか

『無法弁護士』でイ・ジュンギの魅力が全開!

存在感が抜群のイ・ジュンギ『無法弁護士』が面白い!

再検証!イ・ジュンギが巻き込まれたブラックリスト問題

イ・ジュンギが演じた光宗(クァンジョン)は凄い王だった!



ページ:

1

2 3 4

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る