朝鮮王朝で王妃になりながら廃妃になった人は誰なのか

朝鮮王朝の法律に沿って王が決定されたように、王妃もまた厳格な法を適用されて決められていました。それだけに、王妃を廃妃にするのは容易ではないのですが、実際には多くの王妃が廃妃になっています。





理不尽な廃妃

一番悲惨なのは、夫の廃位にともなって廃妃になったケースです。10代王・燕山君(ヨンサングン)の正妻だった慎(シン)氏、15代王・光海君(クァンヘグン)の正妻だった柳(ユ)氏が該当します。
彼女たちには尊号が贈られませんでした。
それによって、歴史的にも「廃妃・慎氏」「廃妃・柳氏」としか呼ばれません。「廃妃」という冠が永久についてまわるのです。
また、6代王・端宗(タンジョン)の正妻だった定順(チョンスン)王后も、夫が叔父の世祖(セジョ)から王位を強奪されたので廃妃になっています。
そのとき、定順王后は15歳でした。
亡くなったときは81歳です。
定順王后は元王妃として65年も生きたのです。
一方、理不尽な形で廃妃となったのは、11代王・中宗(チュンジョン)の最初の正妻だった端敬(タンギョン)王后です。




本人に落ち度はまったくなかったのですが、彼女の親族に燕山君の妻や側近がいるという理由で、中宗が望まないのに高官たちによって廃妃が決められてしまいました。庶民から同情を多く集めたのも当然のことでした。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝にはこんな悲惨な王妃が5人もいた!

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?

『七日の王妃』の端敬王后(タンギョンワンフ)はなぜ七日で廃妃になった?

英祖(ヨンジョ)に米びつに閉じ込められた思悼世子(サドセジャ)はどうなった?

16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄を差し置いて王になれたのか




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る