パク・ソジュン特別編集1「『キム秘書』は落差を楽しむドラマ」

パク・ソジュンとパク・ミニョンが共演した『キム秘書はいったい、なぜ?』は、韓国ドラマの新しいラブコメの面白さを示した作品だ。特にパク・ソジュンが随所に見せる「落差」がこのドラマのツボであった。

写真=韓国tvN公式サイトより




急に迷える小羊に!

韓国ドラマの大きな特徴は何か。
それは、「落差」を巧みに利用するということだ。
たとえば、見た目と中身がまるで違うというその大きなギャップが、ドラマ的な面白さを生むことが多い。
そういう意味では、『キム秘書はいったい、なぜ?』は典型的な落差ドラマである。それならば、どこが落差なのか。
とにかく、このドラマは冒頭からパク・ソジュンが演じるヨンジュンが、どれくらい完璧な男であるかを徹底的に見せていく。
ヨンジュンはユミョン・グループの副会長だ。
ルックスはもちろんのこと、いくつもの外国語をネイティブのように話し、会議ではプレゼンターが示す数字の間違いを細かいほどに指摘する。まるで、頭の中に超高速のコンピュータを持っているかのように……。




仕事が抜群にできるし、非の打ち所がない。それが、パク・ソジュンが扮するヨンジュンである。
しかし、これほどの男が、キム秘書(パク・ミニョン)が急に辞めると言い出したとたんに激変する。
まるで、迷える子羊になってしまうのだ。
ここから完璧なはずのヨンジュンの落差が見えてくる。
(ページ2に続く)

パク・ソジュン主演の『キム秘書』が傑作と言われる理由は?

パク・ソジュン!『キム秘書』と『梨泰院クラス』のギャップが面白い

『梨泰院クラス』のパク・ソジュンは『キム秘書』でも凄い!

[映画情報]パク・ソジュンの主演作はやっぱり面白い!

パク・ソジュン主演『梨泰院クラス』の魅力は何か




固定ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る