『テバク』で見事に変身!/チャン・グンソク全集21

俳優としての変化

チャン・グンソクの覚悟がわかる場面が『テバク』には随所にあった。
たとえば、第4話のエンディング。テギルの父親が息子を守るために命を落とし、それを契機にテギルは生まれ変わり、蛇に必死に食らいついて野人のように生きていく。
まさに極限状態に置かれたテギルをチャン・グンソクは体当たりで演じた。
かつて「ラブコメの貴公子」と呼ばれた華麗な姿はない。
むしろ、ドロくさくて粗野だ。しかし、そんな姿をさらしてまで、チャン・グンソクは『テバク』に賭けていた。
第7話からテギルは最強の師匠のもとに弟子入りして、厳しい修業に明け暮れる。このときのチャン・グンソクも迫力満点だった。
特に、風雪に耐えて頑張る姿には、多くの視聴者が共感したことだろう。
「華はいらない、魂がほしい」
そう呼びかけているようなチャン・グンソクの演技。テギルの成長は、まさにチャン・グンソクの俳優としての変化でもあった。
さらに、名優との競演が最良の刺激となっていた。




たとえば、第9話でテギルは初めて粛宗(スクチョン)と対面する。この時点では、まだテギルは粛宗が自分の父であることを知らないのだが、王の前にいるので緊張を隠せない。このあたりの臨場感をチャン・グンソクは的確に表現した。
一方の粛宗。素性がわからない若者を警戒していたが、同時にどこか温かく見守る部分もあった。
2人は実の親子。そのことを粛宗はうっすらと感じていたのか。
(ページ3に続く)

いよいよ『テバク』に主演!/チャン・グンソク全集13

『テバク』はまさに大当たり!/チャン・グンソク全集22

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

子役から大人の俳優へと成長!/チャン・グンソク全集2

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1




ページ:
1

2

3

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る