上々のスタートを切った『テバク』!/チャン・グンソク全集15

2016年3月28日から韓国SBSで、チャン・グンソクが主演の『テバク~運命の瞬間(とき)~』の放送が始まった。第1話は冒頭からとてもドラマチックな展開となっていた。





精悍な表情

チャン・グンソクが登場したのは第1話の冒頭の数分間。雪が降る中で、成人したテギル(チャン・グンソク)が、後に反乱を起こす李麟佐(イ・インジャ/チョン・グァンリョルが扮している)と対面する場面が描かれていた。
「民のためにならない王は除かなければならない」
テギルが李麟佐にそう強く言う。
この言葉によって、今後のテギルの立ち位置が予測できた。最下層の身分に属するイカサマ師とはいえ、テギルは「政治が民を苦しめてはいけない」という強い信念を持っているのだ。
そんなテギルに扮したチャン・グンソク。冒頭の数分間だけの登場だったが、凍えるような寒さの中で精悍な表情を見せていた。
冷静に演技を見ると、やや気負いが出ていた。
しかし、悪いことではない。
ラブコメにばかり出ていたチャン・グンソクが、今度は新しい自分を見つけるために『テバク』への出演を決めたのである。




共演者は本格派の芸達者ばかり。その中で主役を張れば、気負いが出るのは当たり前だ。むしろ、それをパワーに変えて、ドラマをグイグイと引っ張ればいい。
それでこそ、10歳下のヨ・ジング(テギルの弟の英祖〔ヨンジョ〕に扮している)も生きてくるというものだ。
(ページ2に続く)

いよいよ『テバク』に主演!/チャン・グンソク全集13

『テバク』で主人公を奔放に演じる/チャン・グンソク全集16

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

子役から大人の俳優へと成長!/チャン・グンソク全集2

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る