『トッケビ』を初めとして韓国ドラマにはなぜ心に残るセリフが多いのか

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の素晴らしさについては多くの人が語っています。その中の1つに「セリフがとてもいい」という評価があります。同作品にかぎらず、韓国ドラマには珠玉のセリフがよく登場します。その背景について考えてみましょう。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




自分の感情を表現する

韓国の人は、自分の感情を表すことに抵抗感が少いと言えます。
西洋人のように最初から自分の意見をぶつけていくわけではないのですが、感情的な面ではすごく正直に自分を表現しようとします。それに、相手の感情を常に知りたがるというのも韓国人の特徴です。
このような国民性は、ときに厚かましい面として表われますが、人々の感情のコミュニケーションではお互いが正直に自分の気持ちを言い、あるいは、聞く態度を持てるようになります。
また、韓国の人は論理的に物事の仕組みを分析するよりは、感情的に現象の状態を共感しようとする傾向があります。そのために人の感情を知ろうとし、また、自分の感情を表現することに積極的です。
これは恋人同士の愛情表現で特に目立ちます。
韓国の人は感情の表現に抵抗がないために、家族のように長い間過ごした相手には、当然のように自分の感情や考えをわかってほしいと願う面があります。
しかも、恋人同士は常にお互いの感情を微調整する必要がある分、いつもお互いのことを語り合います。




そのことは文学にも影響しました。
たとえば、韓国では文学の中でも感情的なジャンルに属する詩が人気を得ましたが、想像力が必要なファンタジーや論理的な思考の推理物はあまり発展しませんでした。
(ページ2に続く)

コン・ユの2つの主演映画がとても楽しみだ!

絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!/トッケビ全集1

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

コン・ユがついに俳優魂を覚醒させた!/トッケビ全集21

ドラマを通して不思議な世界を旅する/トッケビ全集22



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る