出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

キム・ウンスク作家といえば、『シークレット・ガーデン』や『太陽の末裔』という超人気作を執筆した人気脚本家だ。これほどの大物が、盛んにラブコールを送った俳優がコン・ユだった。しかし、彼は5年間にわたってその出演依頼を断り続けた。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




断らざるを得ない事情

キム・ウンスク作家の出演以来を丁重に5年も断り続けたコン・ユ。いかに、彼が慎重な性格なのかがわかる。
それでも、キム・ウンスク作家は諦めなかった。再び、コン・ユに出演依頼をした。ただし、「また断られるのでは」と予想せざるを得なかったのだが、今度こそコン・ユは「こんなに小心で怖がりなトッケビ(鬼)でも大丈夫であれば、一緒にやりましょう」と答えたという。
その瞬間の心情を、キム・ウンスク作家は「とてもうれしかった」と感激をこめて振り返った。
それにしても、コン・ユはなぜオファーを断り続けたのか。
彼としても、キム・ウンスク作家のすごさをよく知っているので断るのは恐れ多いと思ったのだが、それでも彼には断らざるを得ない事情があった。
それは、ドラマの制作スタイルへの不安が強いからだ。
先に制作を完了して放送するという「事前制作」であれば、コン・ユもそこまで不安を抱えないのだが、韓国ドラマの通常のスタイルでは、撮影しながら放送するという「生放送」に近い状況に陥ってしまう。そのことをコン・ユは、体力的にも精神的にも恐れてしまうのだった。
そういう意味で彼は「長い時間をかけてじっくりと撮影する映画のほうが自分には合っている」と考えていたのである。




ただ、俳優はオファーがあってこそ自らの道を切り開いていける立場だ。しかも、キム・ウンスク作家が5年にわたって熱心に誘ってくれている。さすがに、コン・ユも断りきれなくなったというのが正直なところではないのか。
そんな風に始まったのが『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』であった。
キム・ウンスク作家は、すばらしい脚本を書くのだが、物語の後半になると勢いが落ちると批判されることもあった。
しかし、念願だったコン・ユの主演が実現できて、キム・ウンスク作家は最後の最後までエネルギーを保ち続けたまま『トッケビ』の執筆を終えた。
(ページ2に続く)

コン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!/トッケビ全集4

絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!/トッケビ全集1

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

コン・ユ主演の神秘な世界に酔う!/トッケビ全集5

コン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!/トッケビ全集6

『コーヒープリンス1号店』から黄金の10年を経たコン・ユ!/トッケビ全集7




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る