『コーヒープリンス1号店』から黄金の10年を経たコン・ユ!/トッケビ全集7

コン・ユにとって『コーヒープリンス1号店』は俳優として出世作となった作品だった。その記念すべき作品からほぼ10年を経て主演したドラマが『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』である。2つの作品を比べると、どんなことに気づくだろうか。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




印象的だった場面を語る

『コーヒープリンス1号店』が韓国で放送されたのは2007年だった。
このドラマは物語の設定が絶妙だった。イケメン男性しか採用しないカフェで男装した女性が働くという話。既存のラブストーリーとは一味違う内容が視聴者に大いに受けていた。
コン・ユが演じたのは、資産家の長男として生まれながら父の不倫に苦しめられたハンギョルという男性の役だった。彼は、ボロボロのカフェをまかされることになり、人気を呼ぶためにイケメンばかりを集めることにした。そこに、男装したウンチャンが入ったことで、様々な騒動が起こった。
そのウンチャンを演じたのが、ユン・ウネだった。
コン・ユは、『コーヒープリンス1号店』で特に印象的だった場面について次のように語っていた。
「僕が演じたハンギョルが、ウンチャンを男だと知りつつ告白するシーンに、妙なドキドキ感がありました」
コン・ユが話を続ける。
「それ以前のドラマではそんなドキドキを感じたことがなかったので面白かったです。その他では、運転しながらウンチャンの電話を切った後、子供のように泣くシーンがあるのですが、2、3回テイクを繰り返すうちに涙があふれてきました。そのときは、『これ以上できません』と監督に言うほど力が抜けてしまいました。自然に涙があふれてきたんです。6年間演技をしてきて初めての経験でした」




この言葉を聞いていると、コン・ユがいかに全身全霊でハンギョルに成りきっていたかがわかる。しかし、監督に『できません』と言ってしまうほど未熟な面も残っていた。
当時、韓国のドラマ界で抜群のヒットメーカーとなっていたユン・ウネは、共演のコン・ユについてこう語っていた。
「コン・ユさんには、ヘッドロックをかけられたり、つつかれたり、ちょっかいを出されたり……。私が少しでも女性らしく行動すると、『やめとけよ。女みたいだぞ』と言われてしまいました」
ユン・ウネが語るように、撮影現場でコン・ユは本当の兄のようにふるまっていた。
(ページ2に続く)

繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!/トッケビ全集1

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

コン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!/トッケビ全集4

コン・ユ主演の神秘な世界に酔う!/トッケビ全集5




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る