コン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!/トッケビ全集6

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』で、主役カップルが演じているキャラクターは特異だ。コン・ユが演じているキム・シンは、900年以上も前の高麗時代の将軍で、王に裏切られて胸に剣が刺さったまま現世をさまよっている。その剣を抜いてもらえれば、彼は苦悩が消えて安らぎの世界に行けるのだが、その剣を抜けるのはトッケビの花嫁だけなのである。そんな女性をずっと探し続けていたキム・シン。ようやく現代の韓国でトッケビの花嫁を見つけた。それは、高校3年生のウンタクだった。そのウンタクを演じているのがキム・ゴウンだ。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




ホラー映画より恐ろしい世界

キム・ゴウンといえば、映画『ウンギョ 青い蜜』でセンセーショナルなデビューを飾った女優だ。
いくつかの映画で非常に個性的な役を演じた後、ドラマでは『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』で、パク・ヘジンと不思議なラブストーリーを展開していた。
『シークレット・ガーデン』や『太陽の末裔』で知られる超人気脚本家のキム・ウンスク作家は、『トッケビ』ではコン・ユの主演を切に願い続けていたのだが、ヒロインにキム・ゴウンが選ばれた理由は何なのだろうか。
それは、ドラマを見続けているとよくわかってくる。現世をさまようトッケビに対してその花嫁になる女性には、いかにも現代的な活発さと苦境にも負けないバネの強さが必要だったのだ。
そうでなければ、トッケビの花嫁として死神や幽霊のような人物たちと一緒の生活を送れるわけがない。
とにかく、ウンタクが生きている場所は、ホラー映画より恐ろしい世界なのである。
コン・ユが演じるキム・シン自体が、900年以上も生きているという設定である。それをまともな現代の娘が「はい、そうですか」と受け入れられるわけがない。恐ろしくて足が震えてしまうのが普通だろう。
しかし、ウンタクはキム・シンが様々な願いを叶えてくれる存在だとわかると、「500万ウォンください」と平気でいろいろな要求を出したりする。




これほどバイタリティがあるのは、母親が死んでおばさんの家に預けられて苦労したからだ。ただの高校3年生と思ったら大間違い。
苦難の経験だけなら、どんな女性にも負けないほど様々な修羅場をくぐっている。学校で先生や同級生からいじめられても、それでひるんではいられない。ウンタクは人生に対して前向きだし、大学受験のためにがんばっているし、自分の生活のためにアルバイトもしている。さらには、トッケビの花嫁にまでなってしまった。
これほどキャラクターが明確でゆるぎない設定というのは珍しいほどだが、よほどの演技の裏付けがないと役になりきるのは難しいだろう。そういう理由もあって、演技に定評があるキム・ゴウンがヒロインに選ばれたのだ。
(ページ2に続く)

『コーヒープリンス1号店』から黄金の10年を経たコン・ユ!/トッケビ全集7

絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!/トッケビ全集1

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

コン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!/トッケビ全集4

コン・ユ主演の神秘な世界に酔う!/トッケビ全集5



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る