コン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!/トッケビ全集19

コン・ユが主演した『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』は、随所に苦悩がにじみ出るドラマだった。その度にコン・ユは一人で立ち尽くしていた。その姿から何が見えていたのか

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




究極の選択

長い年月を超えて展開される『トッケビ』というドラマ。
主人公のキム・シンは常に苦悩の中にいた。
彼は、主君に裏切られて胸に剣を刺したまま900年以上も生き続けていて、「トッケビの花嫁」を見つけて剣を抜いてもらえれば安住の地へ行くことができる……キム・シンはそれを望んでいた。
しかし、「トッケビの花嫁」だったウンタク(キム・ゴウン)を愛してしまった。彼女と一緒に生きていきたいキム・シンは、剣を抜かれることをためらうようになったが、剣をそのままにしておくと逆にウンタクの命が奪われてしまうのだった。
まさに究極の選択である。
抜いてもらうべきか、抜かないでいるべきか。




ドラマは中盤になると、キム・シンの苦悩が随所で描かれる。
それを演じたコン・ユも必然的に、立ち尽くす場面というのが『トッケビ』の中で急に増えた。
(ページ2に続く)

絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!/トッケビ全集1

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

コン・ユ主演の重要な場面を振り返る!/トッケビ全集16

コン・ユが休養期間を経て再び躍動期に!/トッケビ全集17

黄金の40代になるコン・ユの情熱とは?/トッケビ全集18




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る