コン・ユ主演の中に『冬ソナ』と共通する瞬間を見た!/トッケビ全集20

『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の中で、急にキム・シン(コン・ユ)のもとを離れたウンタク(キム・ゴウン)がスキー場でアルバイトをする場面がある。そのロケ地が、平昌(ピョンチャン)オリンピックのアルペンスキー競技会場でもあった龍平(ヨンピョン)リゾートだ。ここは、『冬のソナタ』のロケ地としても有名だった。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより





そこは「ドラゴンピーク」!

私(康熙奉〔カン・ヒボン〕)は、日本でも韓国でも多くのドラマを見てきたが、一番心に残っているのは『冬のソナタ』だ。このドラマが自分にとってのナンバー1なのだが、『トッケビ』を見ると『冬のソナタ』との共通点を多く感じる。
韓国では『冬のソナタ』が2002年の放送で、『トッケビ』は2016年だ。10数年の時間差があるが、『冬のソナタ』で貫かれた「究極の愛」が描き方を変えて『トッケビ』で再現されたという気がしている。
そうした印象をさらに深めるのが、ロケ地が同じだということだ。両ドラマに共通するロケ地と言えば、韓国を代表するスキー場の龍平リゾートだ。
『冬のソナタ』でも、チュンサン(ペ・ヨンジュン)とユジン(チェ・ジウ)が一緒にゴンドラに乗ってスキー場の一番てっぺんに行く場面があった。そこは「ドラゴンピーク」と呼ばれているが、私もかつて頂上からのすばらしい景色を堪能したことがある。
一方の『トッケビ』では、ウンタクが1人でゴンドラに乗って行くと頂上でキム・シンが待っていた、という場面だった。
2人はそこでお互いの愛を確認しあうのだが、『冬のソナタ』でも同じようなシーンがあった。ちょっと比べてみよう。
まずは、『冬のソナタ』の場面から。



ドラゴンピークでユジンは手を合わせてお祈りをしていた。
チュンサンがユジンに「何をお祈りしていたの?」と尋ねる。
ユジンは「あなたと一緒にいられますように……と。あなたは?」
すかさずチュンサンが「僕も同じ」と答える。
笑い合う2人。束の間の幸せを象徴するような場面だった。
(ページ2に続く)

絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!/トッケビ全集1

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

黄金の40代になるコン・ユの情熱とは?/トッケビ全集18

コン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!/トッケビ全集19

コン・ユがついに俳優魂を覚醒させた!/トッケビ全集21




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る