トンイと張禧嬪のライバル物語3「大事件の結末」

粛宗(スクチョン)と淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏の出会いの背景には派閥闘争がからんでいました。当時、政治的に西人(ソイン)派と南人(ナミン)派が激しく争っていました。その中で、西人派は仁顕(イニョン)王后を支持し、南人派は張禧嬪を後ろで支えました。

粛宗の気持ちが急に変化

仁顕王后が追放されたことによって、西人派が没落しかけていました。完全に南人派の天下になってきたのです。そこで、西人派がなんとか起死回生を図ろうとして送り込んできたのが淑嬪・崔氏だったのかも。
粛宗は大変な女好きで知られていました。
おそらく淑嬪・崔氏も相当な美女だったと思われますが、彼女は明確な意図を持って西人派が送ってきたのかもしれません。
張禧嬪はせっかく王妃になったのですが、その途端に粛宗の気持ちは淑嬪・崔氏に移ってしまいました。




その末に、淑嬪・崔氏は1693年秋に男子を出産したのです。粛宗にしてみれば二男にあたるのですが、わずか2カ月ほどで夭逝してしまいました。
(ページ2に続く)

トンイと張禧嬪のライバル物語1「最初のエピソード」

トンイと張禧嬪のライバル物語2「宿敵誕生」

トンイと張禧嬪のライバル物語4「粛宗の怒り」

トンイと張禧嬪のライバル物語5「最終対決」

トンイは王宮の裏でどのように暗躍したのか




ページ:

1

2 3

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る