韓国ドラマになぜ「舌打ち」がよく出てくるのか

韓国ドラマを見ていると、「日本と違うなあ」と思うことがよくあります。その1つが、俳優がセリフを言うときによく舌打ちをすること。これには、どんな意味があるのでしょうか。

女性が多用する

日本では何か気に入らなかったときや怒ったときなどにする舌打ち。どうしても、悪いイメージがあります。
相手に配慮して、日常生活の中ではあまり見かけませんが、韓国では老若男女を問わず、ごく当たり前に舌打ちをします。
韓国人は自分の感情をよく表に出すと言われますが、舌打ちもその1つです。ただし、「チッ」と舌打ちだけをすることはあまりありません。
むしろ、「エーイ、チッ、だってあなたは○○じゃない」というように、話し言葉の流れの中で使われることが多いようです。
さしずめ、意味としては「なにさ」「なんなのよ」といったところでしょうか。




基本的には相手に対する不快感を表したり、相手の言葉に反論する際に用いられますが、どちらかというと男性よりも感情表現の豊かな女性が多用します。
(ページ2に続く)

ドラマでわかる韓国の習慣1「長幼の序」

キムチなくして韓国料理は語れない!

韓国で鍋物を食べる時はみんなで箸やスプーンをじかに入れる!

韓国料理の真髄は「肉」よりも「野菜」だ!

韓国ドラマでは夕食後の団らんにいつもみんな果物を食べている



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る