なぜイ・ジュンギは底知れぬパワーを持ち続けられるのか

ブランクを感じさせない

絶頂期だったイ・ジュンギだが、28歳のときに兵役で入隊した。
2010年5月3日、多くのファンは一時の別れを惜しんだ。そして2012年2月16日、2年弱の軍務期間を終えたイ・ジュンギは、以前と少しも変わらぬ姿をファンに見せた。
彼の除隊記念ファンミーティングは、発売後わずか1分で完売した。それだけ多くのファンが彼の帰りを待っていたのだ。
除隊後ひと段落がついたイ・ジュンギは、すぐに『アラン使道伝』への出演を決心した。ヒロインを演じたシン・ミナとのかけ合いは素晴らしく、ブランクをまったく感じさせなかった。
彼は、放送終了後にこう述べた。
「すがすがしい満足感とともに、くやしいところもあります。序盤は精神的負担が大きく、みなさんがイ・ジュンギという俳優をどれくらい信頼してくださるのか、心配でした。放送が終わり、多くの称賛を受けたことには満足ですが、期待値があまりにも大きかったので、物足りなさも少しあります」




イ・ジュンギが話す“物足りなさ”とはいったい何か。
「ファンタジーロマンスに対する期待感がありました。何よりもイ・ジュンギが新たなロマンスをお見せする機会だったのに、事件重視になってしまったのです」
復帰作でもこのように冷静に自己分析をするイ・ジュンギ。そんな彼も、2年ぶりのドラマ復帰には大きな恐怖を抱いていたという。
(ページ2に続く)

『麗<レイ>』でイ・ジュンギが扮した光宗(クァンジョン)は誰なのか?

『無法弁護士』のイ・ジュンギは極限まで努力する俳優!

イ・ジュンギがファンに愛される理由がわかる3つのエピソード!

イ・ジュンギは『無法弁護士』の制作発表会で何を語ったか

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

『無法弁護士』でイ・ジュンギの魅力が全開!




ページ:
1

2

3

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る