人気作品に立て続けに出演!/チャン・グンソク全集4

不機嫌な愛嬌

2004年に日本で韓流ブームが起きたとき、その頂点に位置していた韓流スターは『冬のソナタ』で爆発的な人気を得たペ・ヨンジュンだった。
しかし、韓流ブームは重層的に日本で発展し、新しいスターも生まれた。そのトップがチャン・グンソクといっても過言ではない。
彼の人気を決定づけたのがドラマ『美男<イケメン>ですね』である。韓国で2009年に放送されたが、このドラマはチャン・グンソクの魅力をあますところなく描き出していて、何度見ても面白い。
チャン・グンソクが演じたのはポップグループのカリスマリーダーであるファン・テギョン。人気とは裏腹にいつも不機嫌で、自分の世界だけに閉じこもりたいというナルシストだ。
しかし、チャン・グンソクが演じるのだから、ただの「不機嫌」ではない。そこには、たまらない愛嬌がある。いわば、「不機嫌な愛嬌」というべきか。
この演技は本当に難しいが、チャン・グンソクだからこそテギョンを演じることができたといえる。




そんなテギョンが、グループに新しく入ってきたドジなミナム(パク・シネ)にとことん振り回される。
本来は気難しい性格で、絶対に自分のペースを崩さないテギョンが、ミナムに少しずつ心を開いていく。このあたりの感情の機微が『美男<イケメン>ですね』のストーリーを動かしていた。

構成=「韓流テスギ」編集部

『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

子役から大人の俳優へと成長!/チャン・グンソク全集2

大学で演技を理論的に研究!/チャン・グンソク全集3

テギョンは最適なキャラクター!/チャン・グンソク全集5

兵役に入って1年になるチャン・グンソクの近況は?

チャン・グンソク!兵役中に山火事被災地に1億ウォンを寄付




ページ:
1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る