主役が自ら『雲が描いた月明り』のイ・ヨンを分析!/パク・ボゴム全集18

『雲が描いた月明り』でイ・ヨンがとても印象深かったのは、パク・ボゴムが的確に演じたからだ。彼は「ツンデレ」的な要素を持ったイ・ヨンを颯爽と演じて好評を得た。なんといっても、パク・ボゴムがイ・ヨンというキャラクターに完璧に成りきっていたことが大きかった。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




「明」と「暗」の両面

パク・ボゴムはイ・ヨンについてこう分析していた。
「イ・ヨンは少し気難しくて堂々としているのですが、内面はとても力強くて温かさを持っている人物です。一見すると冷たそうに見えても、内面はそうではないというところに魅力を感じました。また、年は若いのですが、非常に強靭な心を持っているというところでも学ぶことがたくさんありました」
「しかし、イ・ヨンという人物を考えると、胸が痛んでしまった部分がありました。というのは、彼は、その場から引きずりおろそうとしている人たちに取り囲まれていたからです。宮廷の中で信じられる人物というのは、いつも側にいてくれるチャン内官と妹しかいなかったのです」
こう語るように、パク・ボゴムはイ・ヨンの「明」と「暗」の両面を捉えて、そのコントラストを鮮やかに演じ分けていた。それによって、イ・ヨンというキャラクターに深みが出た。
パク・ボゴムはさらに、「イ・ヨンは、家臣たちからは無力な王子と見られていたかもしれません。それをあえて彼自身が演じていた部分もあると思います」と語って、イ・ヨンの心の底にまで思いを馳せていた。




それゆえに、イ・ヨンを演じながら見えてきたこともあったという。
「世間知らずな世子(セジャ)の姿を演じながら、その中で家族を守っていこうとする彼の気持ちを忠実に考えながら演じていました。そして、一見冷たく響くかもしれない彼の言葉の中に、誰よりも大きな真心が込められていて、その中には温かい気持ちが秘められているということに気づきました」
(ページ2に続く)

コン・ユとの共演で話題の映画『徐福』!/パク・ボゴム全集19

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

笑顔がなくても深い内面性を感じさせる俳優/パク・ボゴム全集10

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

イ・ヨンに成りきった温かい人柄を実感!/パク・ボゴム全集2

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る