『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!/パク・ボゴム全集16

新しいジャンル

人類初の複製人間を演じるということは、パク・ボゴムが今までに前例のない役を引き受けた、と言える。
普通なら躊躇するところだ。数多くの批判が待ち構えていることも覚悟しなければならない。しかし、パク・ボゴムは果敢に新しい役にチャレンジした。
さらに興味深いのは、慎重な作品選びに定評があるコン・ユと共演することだ。このこともパク・ボゴムが『徐福』を選んだ理由になったのかもしれない。
そもそも、韓国映画は、南北対立などの社会情勢を基盤とした作品作りに定評があり、そのジャンルで活躍してきた俳優が多い。
しかし、複製人間を主人公にした作品は今までの韓国映画にはないジャンルであり、新しい分野の開拓を意味している。そこに、パク・ボゴムが主役級でキャスティングされたことはとても大きい。




作品ごとに自分の俳優像を確立してきたパク・ボゴムが、『徐福』でどのような姿を見せてくれるのか。大いに興味をかきたてられる。

構成=「韓流テスギ」編集部

見事に演じたイ・ヨン(孝明世子)の人生!/パク・ボゴム全集17

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

笑顔がなくても深い内面性を感じさせる俳優/パク・ボゴム全集10

試練が与えた優しさ/パク・ボゴム全集5

SNS時代にふさわしいカリスマ!/パク・ボゴム全集11




ページ:
1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る