SNS時代にふさわしいカリスマ!/パク・ボゴム全集11

2018年12月11日、羽田空港の国際線ターミナルにパク・ボゴムが姿を現した。手を振ったり、驚いた表情を見せたり……。その瞬間の立ち居振る舞いが水彩画のような絵画になっていた。

時代にピッタリのスター

今は第3次韓流ブームだと言われている。
第1次は、『冬のソナタ』のペ・ヨンジュンが日本で大人気となって起こった韓国ドラマのブームだった。
そして、第2次は東方神起や少女時代やKARAが牽引して大いに盛り上がったK-POPのブームであった。
現在の第3次は何だろうか。
間違いなく、SNSを通して10代から20代の日本女性が情報交換しながら交流しあうソーシャルメディアのブームだと言える。
この第3次韓流ブームでは、SNSで映えるスターに人気が集中する。




そういう意味では、さりげなく瞬間的な表情にあますところなく魅力が凝縮したパク・ボゴムはピッタリのスターだ。
(ページ2に続く)

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

イ・ヨンに成りきった温かい人柄を実感!/パク・ボゴム全集2

イ・ヨン(孝明世子)を細かく研究!/パク・ボゴム全集3

翼善冠(イクソングァン)が本当によく似合う/パク・ボゴム全集9

笑顔がなくても深い内面性を感じさせる俳優/パク・ボゴム全集10

見事なホスト役でビッグイベントを盛り上げた!/パク・ボゴム全集12



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る