コン・ユ主演作を韓国の視聴者はどう評価したのか/トッケビ全集9

韓国で『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』がケーブルチャンネルのtvNで放送されたのは、2016年12月2日から2017年1月21日までのことだった。全部で16回。このドラマは韓国でどのような評価を得ただろうか。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




異例の高視聴率

ドラマ『トッケビ』は、韓国で放送前から大きな話題を集めていた。
理由は二つだ。
一つは、大物脚本家のキム・ウンスク作家の作品であったからだ。なにしろ、空前のヒット作となった『太陽の末裔』を書いた人だけに、その次回作に関心が集まるのも当然のことだった。
もう一つは、コン・ユの主演であったことだ。
コン・ユといえば、作品選びに慎重を期す俳優としてよく知られている。そんな寡作な俳優が満を持して選んだドラマということで、『トッケビ』は放送前から「箔が付いた」状態だった。
そんな期待感の中で、2016年12月2日からケーブルチャンネルのtvNで放送が始まった。
第1回の視聴率は6.3%であったが、評判を呼んで、第3回では12.5%にアップ。後半に入るとグングン上がり、最終回は20.5%になった。
地上波ではなくケーブルチャンネルで放送されたドラマとして、『トッケビ』は異例の高視聴率だった。
視聴率だけではない。
この『トッケビ』は、各種のアワードでも数多く受賞している。特に、権威がある百想芸術大賞で主要な賞を次々に獲得していった。




このように高い評価を受けた『トッケビ』。一般の視聴者はどんな意見を持っていたのだろうか。
『トッケビ』の公式サイトにある掲示板から数々の意見をひろってみよう。
「素敵なドラマを作ってくれてありがとう。とてもたくさん泣きました。芸術が私たちにくれる慰労と豊かさ……。芸術は私たちを救ってくれると思いました」
「久しぶりに見た素晴らしいドラマだった。一味違う美しいドラマだった。勧善懲悪のような話を含みながら、一千年の月日が一つの流れになり、至高至純の愛が心に残った」
こうした意見とともに、掲示板には「脚本を読みたい」「脚本集はどこで買えるのか」という問い合わせも数多く寄せられていた。
『トッケビ』には珠玉の名セリフが盛り沢山だった。それをじっくり味わいたいという人がとても多かったのである。
(ページ2に続く)

コン・ユが演じたキム・シンが生まれた高麗時代とは?/トッケビ全集10

絶対に見逃せない韓国ドラマの真髄!/トッケビ全集1

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

コン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!/トッケビ全集4

コン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!/トッケビ全集6



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る