英祖(ヨンジョ)と思悼世子(サドセジャ)を険悪にさせた老論派の陰謀とは?

21代王の英祖(ヨンジョ)の正妻は貞聖(チョンソン)王后だ。彼女は子供を産むことができなかったが、側室から王子が生まれていた。長男は9歳で病死してしまったが、二男が1735年に生まれて神童と称されるほどの才能を見せた。その二男が思悼世子(サドセジャ)である。





老論派の画策

頭脳明晰だった思悼世子。英祖の期待が大きかった。
そこで、英祖は思悼世子を早くから政治の表舞台で経験を積まそうと考えた。
わずか10歳で思悼世子は公式の会議に出席した。
しかし、自らの才能を自覚していた思悼世子は、当時の主流派閥であった老論派を批判してしまった。
老論派は驚愕した。次代の国王に酷評されたからだ。
以後、老論派は極端に思悼世子を警戒するようになった。自分たちの保身をはかるためには、思悼世子の即位を阻む必要も出てきた。
こうして老論派の画策が始まった。
思悼世子にも問題があった。
彼は素行が悪く、側近に暴力をふるうことが多かった。成長するにつれて酒乱の傾向も強くなり、遊興にふけることもしばしばだった。




このことを老論派は利用した。
彼らは思悼世子の素行を歪めて英祖に報告した。
最初は息子をかばっていた英祖も、老論派の執拗な画策に取り込まれ、やがて思悼世子に疑心を持つようになった。
それは、老論派の思うつぼだった。
こうして、英祖と思悼世子の間に確執が生まれた。
それは老論派の狙い通りにひどくなり、悲劇の「米びつ餓死事件」が起こってしまったのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?

英祖(ヨンジョ)に米びつに閉じ込められた思悼世子(サドセジャ)はどうなった?

英祖(ヨンジョ)を演じた俳優の中で一番は『ヘチ』のチョン・イル!

思悼世子が米びつで餓死した後の恵慶宮(ヘギョングン)の運命は?



関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る