光海君を憎悪した仁穆王后は斬首を強く主張!

仁穆(インモク)王后は光海君(クァンヘグン)にとって継母にあたる女性だった。しかし、2人の関係は後に険悪となった。王位を安定させるために、光海君が仁穆王后の最愛の息子の命を奪ったからだ。





用意周到なクーデター

仁穆王后は、14代・宣祖(ソンジョ)の継妃であった。彼女は、宣祖の後を継いで即位した15代王・光海君によって、父親と息子の永昌大君(ヨンチャンデグン)を殺され、自分も娘の貞明(チョンミョン)公主(コンジュ)と一緒に西宮(ソグン/現在の徳寿宮〔トクスグン〕)に幽閉された。
仁穆王后は激しく光海君を憎んだ。それは当然のことだ。
そして、仁穆王后の復讐を手助けしたのが、宣祖の孫で光海君の甥であった綾陽君(ヌンヤングン)だった。
彼も弟の綾昌君(ヌンチャングン)を光海君の一派によって殺されている。そういう意味では、綾陽君も光海君にとても強い私憤を持っていて、彼は同志を集めてクーデターを起こした。
それが、1623年3月13日だった。
結局、用意周到にクーデターを準備した綾陽君の完全な勝利となった。




国王を王宮から追放するとなれば、それなりの大義名分が必要だ。私憤によってクーデターを起こした、とは口が裂けても言えなかった。
そこで、綾陽君は西宮に幽閉されていた仁穆王后のお墨付きを得て、クーデターを正当化したいと考えた。
(ページ2に続く)

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?

朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か

朝鮮王朝にはこんな悲惨な王妃が5人もいた!

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄を差し置いて王になれたのか

『七日の王妃』の端敬王后(タンギョンワンフ)はなぜ七日で廃妃になった?



ページ:

1

2 3

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る