このドラマを見るための最低限の歴史解説!/「雲が描いた月明り」総集編8

パク・ボゴムとキム・ユジョンが主演した『雲が描いた月明り』。原作はウェブ小説だが、物語には様々な歴史上の人物が登場する。そうした背景を知っておくと、さらにドラマを楽しく見られるだろう。

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




頭脳明晰な世子

パク・ボゴムが扮しているイ・ヨンという世子(セジャ/国王の正式な後継者)。彼のモデルは孝明(ヒョミョン)世子である。
23代王・純祖(スンジョ)と正室の純元(スヌォン)王后の長男として1809年に生まれ、幼い頃から頭脳明晰で容姿も優れていた。
国王になれば名君になることは間違いなかったが、惜しまれつつ1830年に21歳の若さで早世してしまった。いわば、悲劇の主人公なのだが、『雲が描いた月明り』ではちょっと違う描き方もしている。
どこが違うのか。そのあたりを楽しみにしてドラマを見てほしい。
ヒロインのキム・ユジョンが演じるホン・ラオンは、王宮の内侍(ネシ)部の内官である。この内侍部とは、王族のお世話係を担う役所であって、内官は原則的に宦官(かんがん/去勢された男子の官僚)だ。




それだけに、女性のホン・ラオンがなれるわけがないのだが、その不可能を可能にしてしまうところがドラマならではのストーリー。厳しい身体検査をなんとかクリアしていくところがコミカルに描かれている。
(ページ2に続く)

大人の女優に成長したキム・ユジョン!/「雲が描いた月明り」総集編7

主人公イ・ヨン(孝明世子)の最期!/「雲が描いた月明り」総集編6

イ・ヨン(孝明世子)の無念を晴らしたドラマ!/「雲が描いた月明り」総集編5

イ・ヨン(孝明世子)とホン・ラオンの関係は?/「雲が描いた月明り」総集編3

イ・ヨン(孝明世子)の生き方は?/「雲が描いた月明り」総集編2

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る