同じ廃位でも光海君(クァンヘグン)は燕山君(ヨンサングン)とは違う!

14代王の宣祖(ソンジョ)は、朝鮮王朝で初めて側室から生まれた国王だった。そんな彼には多くの息子たちがいたが、側室から生まれた王子ばかりだった。その長男が臨海君(イメグン)で二男が光海君(クァンヘグン)である。





決まらぬ後継者

世継ぎ候補は、臨海君と光海君だった。
しかし、臨海君は分が悪かった。
素行が悪く王の資質に欠けると見られていたからだ。
さらに、朝鮮出兵のときに豊臣軍の捕虜になってしまい、解放されたあとは、その屈辱から酒びたりとなって何かと問題を起こしていた。
一方の光海君は、豊臣軍との戦いで王朝軍の一部を率いて指導者として活躍した。宣祖は光海君を世継ぎとして指名するつもりだった。
当時は中国の明に世継ぎが決まったことを報告し、その許可を得る必要があった。宣祖も1594年に明に使節を派遣したのだが、「長男を指名しない根拠が明確でない」という理由で、明は許可を出さなかった。
当時は豊臣軍との戦いで明も多くの援軍を派遣してきており、朝鮮王朝に対して強い態度を見せていた。




結果的に、世継ぎ問題は宙ぶらりんとなった。
1606年になると、さらに混迷した。
宣祖が後妻として迎えた仁穆(インモク)王后が永昌(ヨンチャン)大君を産んだのだ。宣祖にしてみれば待望の嫡男だ。
喜びもつかのま、2年後に宣祖に死期が迫った。
永昌大君はまだ2歳だった。
まだ言葉も満足に話せないようでは、国王になるのも無理だ。
宣祖としても光海君を世継ぎに指名せざるをえなかった。
1608年、光海君は15代王として即位した。彼を支持する一派は、王位の安泰のために血の粛清に乗り出した。臨海君を配流したうえで自決させ、永昌大君も殺して仁穆王后を幽閉した。
こうして光海君の王位は磐石になったと思われたが、結果は逆だった。血の粛清の過程で光海君は多くの政敵をつくることになってしまった。




政治的には、光海君は戦争で荒廃した国土の復興に尽くし、民生の安定に力を注いだ。さらに、国土の北側に位置する異民族国家の後金とも巧みな外交を展開した。
成果は大きかったが、その反面で、光海君の側近たちは宮中でやりたい放題に振る舞った。
(ページ2に続く)

光海君(クァンヘグン)はなぜ兄を差し置いて王になれたのか

仁祖(インジョ)は復讐の鬼となって光海君(クァンヘグン)を狙った!

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?

朝鮮王朝にはこんな悲惨な王妃が5人もいた!

朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か



ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る