トンイこと淑嬪(スクピン)・崔(チェ)氏が熱望したことは?

死後に叶った願い

粛宗は、淑嬪・崔氏の告発により張禧嬪が呪詛を行なっていたことを知った。そのことに激怒した彼は、張禧嬪を死罪に処してしまう。
当時、世子(セジャ/王の後継者)に指名されていたのは張禧嬪の息子だった。このとき、淑嬪・崔氏は自分の息子を王にするための方法を考えていたのかもしれない。そのためには、張禧嬪の息子を世子の立場から落とす必要があった。
それで、淑嬪・崔氏は張禧嬪の呪詛を粛宗に告げ口したのかもしれない。彼女は、ドラマ『トンイ』で描かれていた姿とは違う一面を持っていた可能性もある。




その淑嬪・崔氏の息子が、21代王の英祖(ヨンジョ)である。淑嬪・崔氏は1718年に世を去ったが、その6年後に息子が王に即位した。
つまり、淑嬪・崔氏は死後に願いを叶えたのである。

文=康 大地(コウ ダイチ)

トンイが王子を産んでから後継者争いが激しくなった!

『トンイ』の主人公の淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)とは?

西人派と南人派の争いの中でトンイはどんな役割を果たしたか

トンイは王宮の裏でどのように暗躍したのか

トンイはなぜチャン・ヒビンの死後に粛宗から冷遇されたのか




ページ:
1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る