朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か(特別版)

宿命のライバル

4人目は張禧嬪(チャン・ヒビン)だ。
19代王・粛宗(スクチョン)に寵愛された。
一介の宮女から粛宗の側室となり、1688年に王子を出産。一度は側室から正室に昇格したが、再び降格。1701年には神堂を建てて王妃を呪い殺そうとしたことが発覚し、死罪となった。
朝鮮王朝でもっとも有名な悪役ヒロインだが、正史の「朝鮮王朝実録」ではその美貌を何度も絶賛されている。
最後は淑嬪・崔氏(スクピン・チェシ)である。
19代王・粛宗(スクチョン)の側室で、時代劇『トンイ』のモデルとなった。
宮中の下働きをしているときに粛宗に見初められて側室になったと言われている。




張禧嬪(チャン・ヒビン)とはライバル同士として張り合った。1694年に王子を産んだが、その息子が後の21代王・英祖(ヨンジョ)である。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

朝鮮王朝で王妃になりながら廃妃になった人は誰なのか

『七日の王妃』の端敬王后(タンギョンワンフ)はなぜ七日で廃妃になった?

端敬(タンギョン)王后の復位を強硬に反対したのは誰なのか

朝鮮王朝には兄弟に殺された悲劇の王子が5人もいた!

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?




ページ:
1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る