昭顕世子(ソヒョンセジャ)の悲劇的な最期とは?

わずか2カ月後の急死

帰国したばかりの昭顕世子が、急に高熱を発して倒れた。
それは、1645年4月23日のことだった。
「大変なことになった。世子様が心配だ」
宮中は大騒ぎになった。
しかし、昭顕世子の病状は回復せず、4月26日に息を引き取った。
このあとの仁祖の態度が異様だった。
王位を継ぐべき世子が亡くなったというのに、その葬儀を信じられないほど冷遇したのだ。服喪期間も短縮される有様だった。
これでは、仁祖が世子の死を悲しんでいないと思われても仕方がなかった。
なぜ、仁祖はそんなことをしたのか。
しかも、葬儀の冷遇だけではなかった。




本来なら、昭顕世子の息子が正統的な世子として認められるべきなのに、仁祖は強引に自分の二男を世子にしてしまった。この二男が鳳林(ポンニム)大君である。
(ページ3に続く)

昭顕世子(ソヒョンセジャ)の一家は仁祖(インジョ)につぶされた!

『華政』は光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)を好対照に描いた!

仁祖(インジョ)は復讐の鬼となって光海君(クァンヘグン)を狙った!

16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

貞明公主(チョンミョンコンジュ)の「歴史的に有名な善行」とは何か




ページ:
1

2

3

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る