兵役を控えるパク・ボゴムにとって『徐福』主演の意味は大きい!(再読版)

韓国芸能界の最近の傾向は、主役を堂々とできる男優が続々と兵役から戻ってきたことだ。これでドラマが大いに活況を呈することになるが、若手俳優のトップを走るパク・ボゴムは大いに刺激を受けて新作映画に取り組んでいる。





イメージを越える作品

4月から7月にかけて、イ・ミンホ、チ・チャンウク、2PMのテギョン、キム・スヒョンが兵役を終えて芸能界に戻ってきた。
これからは彼らの復帰第1作が次々に撮影されて放送されることになる。
今後は30代前半の男優のドラマが花盛りになるだろう。
その一方で、女優陣では、20歳前半の若手女優の活躍がめざましい。
ペ・スジは言うまでもないほどの人気を得ているし、子役出身のキム・ユジョンやキム・ソヒョンも大人の女優に成長して主役クラスの実績を作ってきている。
「男優は30代前半、女優は20代前半」が今後の韓国ドラマを左右するのか。
いや、重要な俳優を忘れている。
もちろん、パク・ボゴムだ。
大物俳優たちが兵役から続々と戻ってきて、30代前半の男優陣がすごい顔ぶれになってきたが、大いに刺激を受けているのがパク・ボゴムだ。




彼は今やトップ俳優と言っても過言ではない。
そのパク・ボゴムが現在、撮影に集中しているのが映画『徐福』だ。
この映画でパク・ボゴムが扮するのは末永い生命力を持った人類初のクローン人間で、その名が徐福だ。
なんといっても、パク・ボゴムがクローン人間に扮するというのが奇抜だ。この設定に魅力を感じたからこそ、パク・ボゴムもオファーを受け入れたのであろう。
それだけに、彼の意欲も並大抵ではない。
しかも、あのコン・ユとの共演である。
パク・ボゴムは兵役を控えている。彼が兵役前に出演できる作品も限られているだけに、映画『徐福』では、今までのイメージを越えたパク・ボゴムが見られるに違いない。

構成=『韓流テスギ』編集部

映画『徐福』はパク・ボゴムの今後の俳優活動を左右する重要な作品!

パク・ボゴムは『ボーイフレンド』で純粋な心を持った青年をどう演じた?

撮影快調!パク・ボゴムは全力で映画『徐福』に取り組んでいる

『徐福』で人類初のクローン人間を演じる!/パク・ボゴム全集21

映画『徐福』の監督がすごい!/パク・ボゴム全集20

見事に演じたイ・ヨン(孝明世子)の人生!/パク・ボゴム全集17



関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る