『ファン・ジニ』から『テバク』へ!/チャン・グンソク全集1

イカサマ師のテギル

『テバク』が描いているのは、朝鮮王朝の19代王・粛宗(スクチョン)から21代王・英祖(ヨンジョ)に至る時代である。
とにかく、粛宗は女性関係が派手だったこともあり、王家では正室と側室の間で様々な事件が起きている。その中では特に、「朝鮮王朝随一の悪女」と言われる張禧嬪(チャン・ヒビン)と、ドラマ『トンイ』の主人公になった淑嬪崔氏(スクピンチェシ)が有名である。
興味深いのは、チャン・グンソクが演じるテギルとヨ・ジングが扮する英祖が兄弟となっている点だ。英祖は母が淑嬪崔氏で、生まれたのが1694年だが、その前年にわずか2カ月で早世した兄がいた。




その兄が実は早世したのではなく捨てられていたのだ、という設定が『テバク』の面白いところだ。
捨てられた後にイカサマ師のテギルとして成長していくが、その役をチャン・グンソクが奔放に演じている。

構成=「韓流テスギ」編集部

子役から大人の俳優へと成長!/チャン・グンソク全集2

大学で演技を理論的に研究!/チャン・グンソク全集3

人気作品に立て続けに出演!/チャン・グンソク全集4

テギョンは最適なキャラクター!/チャン・グンソク全集5

兵役に入って1年になるチャン・グンソクの近況は?

チャン・グンソク!兵役中に山火事被災地に1億ウォンを寄付




ページ:
1 2

3

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る