端敬(タンギョン)王后の復位を強硬に反対したのは誰なのか(特別編)

危篤になった中宗

最終的に、クーデターを成功させた高官の一部が強硬に大反対を主張した。
それによって、せっかく期待された端敬王后の復位は、結局は実現が不可能になってしまった。
やむなく中宗は3人目の正室として文定(ムンジョン)王后をめとったのだが、この女性がまれにみる悪女だった。
そのせいで、朝鮮王朝の政治は大きく混乱した。
それだけに、文定王后でなく端敬王后を復位させていれば、朝鮮王朝の歴史はいい方向に行っていたはずなのに……。
中宗は1544年に危篤となった。その際、端敬王后は王宮の正門まで駆けつけた。最後に一目でも中宗に会いたかったのだ。




しかし、元王妃とはいえ、王宮の中に入ることはできなかった。
そのまま中宗は亡くなった。結局、端敬王后は離縁されてから一度も中宗に会えなかった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

中宗は端敬王后(タンギョンワンフ)をなぜ守れなかったのか?

『七日の王妃』の端敬王后(タンギョンワンフ)はなぜ七日で廃妃になった?

朝鮮王朝にはこんな悲惨な王妃が5人もいた!

朝鮮王朝で「絶世の美女」と称された5人は誰か

朝鮮王朝にこんな悲しい世子(セジャ)が5人もいたとは?




ページ:
1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る