兵役で行く海兵隊の訓練はどれほど厳しいのか

韓国の軍隊の中で、訓練が一番厳しいと言われているのが海兵隊だ。訓練中に故障者が続出すると言われている。果たして、その訓練とは具体的に何をするのだろうか。

写真=韓国海兵隊公式サイトより




新兵訓練は7週間

兵役で海兵隊に入った場合、最初に浦項(ポハン)にある訓練所で新兵訓練を受けることになっている。
ちなみに、陸軍の新兵訓練は5週間だが、海兵隊は7週間だ。それだけ長く厳しい訓練になる。
それでは、海兵隊ではどんな訓練をするのだろうか。具体的に見ていこう。
まずは「上陸訓練」だ。
これは、砂浜にからだを伏せたのちに立ち上がって前進する、という一連の動作を繰り返す訓練。体力をとても消耗するので、新兵たちはフラフラになる。
同時に行なわれるのが「ゴムボート訓練」。
水陸両用車で上陸できない地形に備えて、ゴムボートで上陸することをめざした訓練になる。ゴムボートの重量は100キログラムを超えるが、それを新兵たちは持ち上げながら動かなければならない。これも辛い訓練だ。




「射撃訓練」は陸軍の兵士と同じ訓練になるが、海兵隊ならではの訓練が「パラシュート訓練」と「降下訓練」だ。
「パラシュート訓練」は、地上7階に相当する鉄塔の上からロープを伝わる形で降下する訓練。そして、「降下訓練」は、岩壁の上から何十メートルも下の地面に降りることを想定し、ロープ1本を支えにして岩壁を降りていく訓練である。90度の絶壁を降りることも想定されているので、自分の両足で踏ん張りながらロープを使って降りた後は、体力を極限まで酷使した状態になる。
(ページ2に続く)

今年6月15日以降の入隊から兵役期間が18カ月になる!

芸能人が兵役でよく所属した義務警察は2023年までに廃止される!

兵役で軍楽隊に入ればどう毎日を過ごすか

新兵訓練でみんなが嫌がる「恐怖の訓練」とは?

現役兵として兵役が終わっても残りの兵役が40歳まで続く




ページ:

1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る