『キム秘書はいったい、なぜ?』で見られるパク・ソジュンの七変化!(再読版)

多彩な引き出し

『キム秘書はいったい、なぜ?』でパク・ソジュンが演じるのは、ユミョン・グループ副会長のイ・ヨンジュンだ。
ヨンジュンは完璧な男だ。
外国語が堪能で、仕事が抜群にできて、長身で、ハンサム。
「完璧な人間しか愛さない」
そう言っている彼は、何よりも一番自分が好きだというナルシスト。いつも自分が最高だと思っている。
そんなヨンジュンに長く仕えたのがキム・ミソ(パク・ミニョン)だ。秘書として有能だし、美貌もすばらしい。このキム・ミソが、突然退職を願い出るところからドラマは始まっていくのだが……。
このドラマを見ていて思うのは、パク・ソジュンが多彩な引き出しを持っているということだ。黙っていれば最高のイケメンになれるし、口を開けば愉快なギャグマンにもなれる。




あの『ビューティー・インサイド』から今回の『キム秘書はいったい、なぜ?』へ。
パク・ソジュンの七変化はまだ始まったばかりだ。

構成=「韓流テスギ」編集部

『キム秘書はいったい、なぜ?』のパク・ソジュンがとてもいい!

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

パク・ソジュンの魅力全開の『キム秘書がなぜそうか?』が面白い!




ページ:
1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る