tesugi一覧

  • 朝鮮王朝オバケ悪女4「鄭蘭貞」

    朝鮮王朝3大悪女の1人と言われる鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)は、幼い頃に貧しい家に見切りをつけて奴生(キセン)になった。彼女の優れた容姿は尹元衝(ユン・ウォニョン)の目に留まり彼の妾となった。この尹元衝という男は11代王…
  • 明聖(ミョンソン)王后の溺愛!

    明聖(ミョンソン)王后は17歳のときに夫の顕宗(ヒョンジョン)の即位によって王妃となり、世継ぎとなる長男を19歳で出産した。その長男が19代王・粛宗(スクチョン)になったのは1674年で、明聖王后は32歳だった。 高…
  • 朝鮮王朝オバケ悪女3「張緑水」

    張緑水(チャン・ノクス)は、両班(ヤンバン)の父と妾の間に生まれた。妾の娘だった彼女は、生まれながらにして奴婢(ぬひ/最下層の身分)だった。彼女は成り上がるために奴生(キセン)になった。 歌と踊りに才能があった 張緑…
  • 朝鮮王朝オバケ悪女2「文定王后」

    11代王・中宗(チュンジョン)には3人の妻がいた。最初の妻は父が燕山君(ヨンサングン)の側近だったために離縁させられた端敬(タンギョン)王后。2人目の妻は12代王・仁宗(インジョン)を産んですぐに亡くなった章敬(チャンギ…
  • 朝鮮王朝オバケ悪女1「貞純王后」

    1762年、英祖(ヨンジョ)は息子の思悼(サド)世子を米びつに閉じ込めて餓死させた。なぜ、親子の確執が生まれたのか。当時、王宮の中でも派閥争いが激化していた。その中で、思悼世子を陥れるために彼の行状を英祖に悪く報告してい…
  • 正祖(チョンジョ)の命を狙った暗殺団が王宮に侵入した!(歴史検証編)

    1777年7月28日の深夜、即位して2年目の正祖(チョンジョ)は王宮で本を読んでいた。突然、王宮の回廊の上から、瓦を踏む足音が聞こえてきた。正祖は耳をすませた。どう考えても、人間の足音にしか聞こえなかった。 …
  • 『梨泰院クラス』のパク・ソジュンは『キム秘書』でも凄い!

    パク・ソジュンとパク・ミニョンという魅力全開の2人が共演している『キム秘書はいったい、なぜ?』。このドラマでは、パク・ソジュンが完璧主義者のナルシストを演じているのだが……。 [caption id="attachme…
  • 文定王后と鄭蘭貞が共謀した事件とは?(歴史検証編)

    朝鮮王朝時代に王宮で起こった奇怪な事件として有名な「灼鼠(しゃくそ)の変」。この事件は韓国時代劇でも何度か取り上げられたが、どの作品でも文定(ムンジョン)王后と鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)が共謀して起こしたという筋書きに…
  • パク・ソジュン!『キム秘書』と『梨泰院クラス』のギャップが面白い

    パク・ソジュンの新作『梨泰院クラス』は、不合理な世の中で必死に生きていく若者たちを描く青春群像劇だ。多くの登場人物たちが大きな夢に向かって突き進む中で、パク・ソジュンが演じる主人公は凄まじい目標を持った異色のキャラクター…
  • 中宗は端敬王后(タンギョンワンフ)をなぜ守れなかったのか?(歴史編)

    端敬(タンギョン)王后はどんな女性だったのか。 生没年/1487~1557年 夫/11代王・中宗(チュンジョン)と1499年に結婚した 子供/いなかった 父親/慎守勤(シン・スグン)は燕山君(ヨンサングン)の側近 …

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

  3. 16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

ページ上部へ戻る