イ・ヨン(孝明世子)の両親と息子はどんな人物か?/「雲が描いた月明り」総集編9

短命な親子

純祖は国王として存在感が薄かった。
その純祖の妻の純元(スヌォン)王后(1789~1857年)は、実家の安東・金氏が重職を独占する際に重要な役割を果たした王妃であった。
『雲が描いた月明り』ではイ・ヨンの実母は若くして亡くなったことになっていたのだが、実際に孝明世子の母であった純元王后は、長い期間にわたって権力をほしいままにした。
このあたりが、ドラマと史実では大いに違っていた。
なお、孝明世子の長男だったのが、24代王になった憲宗(ホンジョン/1827~1849年)であった。
即位したときにわずか7歳であったために、祖母の純元王后が代わって政治を取り仕切った。




結局、憲宗は祖父の純祖と同様に「お飾りの国王」にすぎず、1849年に政治的業績を残せずに急死してしまった。
亡くなった年齢は父の孝明世子が21歳で息子の憲宗が22歳。あまりに短命な親子であった。

休日にゼッタイ見たいドラマ/「雲が描いた月明り」総集編10

このドラマを見るための最低限の歴史解説!/「雲が描いた月明り」総集編8

大人の女優に成長したキム・ユジョン!/「雲が描いた月明り」総集編7

主人公イ・ヨン(孝明世子)の最期!/「雲が描いた月明り」総集編6

イ・ヨン(孝明世子)の無念を晴らしたドラマ!/「雲が描いた月明り」総集編5

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1




ページ:
1

2

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る