昭顕世子(ソヒョンセジャ)の悲劇的な最期とは?

不可解な仁祖

昭顕世子の妻であった姜(カン)氏は、夫が何者かによって毒殺されたと確信した。なにしろ、昭顕世子の遺体は毒殺されたかのように黒ずんでいたからだ。
「あれほど元気だったのに、帰国してわずか2カ月で亡くなるなんて……。信じられません。毒殺されたのです」
実際、宮中では昭顕世子が毒殺されたという噂が一気に広まった。
官僚の不正を糾弾する役所の司憲府(サホンブ)と王に諫言する役割を担う司諫院(サガンブ)が動いた。
「毒殺の噂が出ています。調べてみなければなりません」
役所も事実の究明に動こうとした。




しかし、仁祖がその動きを止めてしまった。
彼は噂のもみ消しをはかったのである。
それは、実に不可解な態度だった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

昭顕世子(ソヒョンセジャ)の一家は仁祖(インジョ)につぶされた!

『華政』は光海君(クァンヘグン)と仁祖(インジョ)を好対照に描いた!

仁祖(インジョ)は復讐の鬼となって光海君(クァンヘグン)を狙った!

16代王・仁祖(インジョ)はどんな王だったのか

貞明公主(チョンミョンコンジュ)の「歴史的に有名な善行」とは何か




ページ:
1 2

3

関連記事

特選記事

  1. コン・ユ主演で魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!/トッケビ全集13

  2. 繰り返し見て深みのあるストーリーを味わう!/トッケビ全集8

ページ上部へ戻る